2017/03/07

新築に向けて!!

どうも「あずまやん」です。
前回からの続きです。
いざハウスメーカーといってもどこにしようと悩みましたが、
とりあえず岩手では有名なPホームさんへ行きました。
私の希望
・最低限の設備で住めればいい。
・土地もってないので、どこかいいとこないかな?
(超てきとーw)
担当者様「将来のことを考えると、この程度のサイズの家がいいと思います。」
「いやいや、2階建で一番安いプランでいいよw」
担当者様「えっ・・・・とりあえずローンの審査をしてみましょう。」
審査結果は後日知らせてくれることになりました。
問題は土地!!!
土地はメーカーに任せると価格高いところになりがちです。
結局不動産屋に相談して釜石の外れの方は震災での価格高騰の影響が少ないとのことだったので
とりあえず仮押さえしました。
数日後・・・・
ローン審査を無事にクリア。
数日間 色々考えて、やっぱり色々なハウスメーカーを見た方がいいと思い、何件か話を聞かせていただきました。
そして各メーカーの見積を比較してKホームさんにお願いすることにしました。
2015年3月に契約して完成は2015年10月
マイホームの月々の支払は50,000円!
当時の釜石のアパートの家賃は70,000円~100,000円だから断然新築がいいです。
ただし!!失敗したこともあります。
・土地が安いと上下水、都市ガスがきていない!!(浄化槽工事も含めると100万くらい上乗せ)
・インターネットの申込みも釜石市に申請して工事代40,000円発生!
これなら少し土地が高くても上下水や都市ガスがあるとこが良かったのかもしれません。
2015年10月24日 引っ越し完了。
でも引っ越してみて地域の方々と関わって行くうちに、ここに引っ越して良かったと思いました。
なぜ引っ越して良かったかは、次の機会にいたします。
本日はここまで!
スポンサーサイト
2017/03/07

アパート引っ越し作戦

どうも、「あずまやん」です。

私は結婚してから釜石の住宅街にある3DKのアパートに住んでいました。
(家賃43,000円駐車場2台付き!安っ!!!!)

しかし日当たり最悪で水回りはカビがすぐに発生するし、
壁が薄いから夏は暑い!冬は寒い!アパートの裏には今にも崩れてきそうな崖がある。

良かった点は病院、スーパー、コンビニ等が近くにあることでした。

6年の月日が流れ、子供も2人になり、環境を変えたいという気持ちが強くなり・・・
2015年1月・・・


「こんな寒いとこ引っ越すぞーーーーーー!!!」

「よっしゃーー!!!!」


それから家族4人で住めそうなアパート探しの日々でした、
東日本大震災から4年経過しようとしているのに空きのアパートは全然ない・・・
釜石の地価が上がってしまいアパート、借家を見つけても7万~10万・・・

今の家賃に比べるとかなり高いのでアパート、借家は諦めました。

次に考えたのが市営住宅、県営住宅!家賃は2万円くらいで、と~ってもリーズナブルww

しかし空きが無い・・・空いたら抽選ですが競争率がめっちゃ高い・・・


「私、あきらめないで抽選頑張る!!」


ここで釜石の市営住宅の抽選方法について説明しよう!!

例)20人応募の場合
・1~20までのボールを順番に回す(ビンゴのおもちゃですw)
・全員が回したらボールを戻して再度、順番に回す
・2回の合計の数字が大きい人が当選

ハズレの方は次回抽選の際には1点ある状態からできる。
2回抽選に参加してハズレだった人は3回目のチャレンジでは2点ある状態からスタートっていう感じです。

だから抽選に毎回参加してれば、いつかは当たる。
私は1回だけ抽選に参加したのですが当選した人は最初から20点持っていた方でした。
(ようは20回抽選にハズレている人)
こんなんじゃ運良く20点×2回引いても、累積点数がある人が当選してしまうこともあるんです。


正直、何年かかるのよ・・・

子供が小学校に入学する前に引っ越したい私・・・・
この時2015年1月下旬 子供の小学校入学が2016年4月 残り14ヶ月!


「家建てるってどうよ?w」

「私達の収入じゃ無理じゃね?w」

「今度ハウスメーカーで聞いてくるわぁw」


つづく