2017/03/08

消防団は突然に

消防車


どうも「あずまやん」です。

2015年10月に引っ越して2ヶ月が経過したころに町内会の忘年会開催のお知らせが届きました。

引っ越し後に家の周り10件ほど挨拶して回ったんですが、町内会の人達にも挨拶をする良い機会ですので参加することにしました。

内心、面倒だなぁって思っていましたが・・・・


町内忘年会当日、知らない人達の中に一人で行くのは少し抵抗があったので6歳の娘と一緒に参加しました。

作戦は成功でご年配の方が娘に声をかけてくれたりして、いい感じ!!

町内会長さんから自己紹介してくれと言われてしまいマイクを持つ私・・・

前日から必至に考えていたセリフを無事に言うことができました。

そして皆さんと飲んだり食べたり~、楽しい時間も終わりに近づいた時・・・・


消防団の人「ねえねえ、消防団に入ってよ!」

俺「いや・・・私なんかが出来るわけがないです (T_T)」

消防団の人「入団して1年くらい活動してみて嫌なら辞めてもいいから!」

俺「仕事が忙しいので無理ですよ・・・」

消防団の人「参加できるときだけでもいいから!お願いします!」

50代後半の方ですがこの地域の消防団の部長でした。
お酒の席とはいえ私みたいな若造に頭を下げてお願いしてくれたので、出れるときだけ参加という形で了承しました。


それから1年、色々なことを消防団で教わりました。
正直、勉強になるし楽しいです。さらに消防団に入って地域の方々との距離が一気に縮まりました。

この1年で台風や大雨警報などの見回り出動は何回かありましたが、先日初めて火事場に出動がありました。
先輩に言われるままに動き、さらに前線で放水も担当しました。

1年前までは普通のサラリーマン!今では火事場でホースをもって消火活動している。

人間ってわからないものですね(´∀`*;)ゞ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんわ^^
夜分にすいません!

汚い文章でネガティブな記事ばかりですが
読んでいただきありがとうございます。

あずまやんさんは消防入られたんですねw
お互いかなり環境は似ていますねーーー

こちらもちょこちょこ拝見させていただきますねー^-^